Re:ゼロから始めるNo Error No Life

ぷろぐらみんぐ的なことと趣味的な日常を少々

王様達のヴァイキング4読み終えました

先輩エンジニアに教えていただきました

ってな感じで王様達のヴァイキングと知り合いました。

感想:「面白い!」

この一言です。

小学生の頃から漫画は好きでおそらくすでに蔵書が2000冊到達前だと思います。

決してマニアックとかではなく、好きな漫画を読んでいるだけですが。

現職が一応エンジニアなので読んでみようという流れから読んでみました。

作者は、実際に日本のベンチャー企業の社長さんへのヒアリング、IT企業に勤めるエンジニアさんの監修など行い中身にリアリティを持たせてます。

連載中で今最新刊は、10巻まで出てますね。

最近下がってたエンジニア熱が復活してきました。

わくわくさせられましたね。

エンジニアやっている人ならみなそうだと思いますが、「わくわく」「どきどき」して達成感を味わいたいじゃないっすか。

作ったものが「便利だよ」「使いやすいよ」とか「周りに広めてるんだよね」とか言われたらhappy過ぎますよね。

世の多くのエンジニアさんがgithubなどで作ったミドルウェアやライブラリを公開しそれらを使ったサービスが世に出て便利になっていくのって

素晴らしいことだと思うんすよ

けっして見返りを求めるわけでもなくね。

ITのエンジニアだけでなく、町工場の職人さんだって同じだと思うんす。

そうやっていろんな人の思惑、気持ち、信念で世の中は発展し便利になっていくんだと思います。

話それたけど読んだ感想

軽く書きましたけど笑

エンジニアになりたい、プログラミングを覚えたいって方にはぜひ読んでもらえたらなと思います。

本の影響で視野に入れてなかったC++をやろうかなって気持ちになりましたし

linuxをポータブルで持ち歩いてどこでも同じ環境でPCいじれたら楽しいだろうなとか

OS自体をlinuxにしようかなとか

やっぱpythonっしょとか

アセンブラやらんとだめ?とか

色々思いました笑

もろ影響受けてますがね。。。。

それとプログラムを無駄なく書くこと

ひたすら学び続けることをもっと意識しないと取り残されていくんだろうなって感じました。

昨今フロントエンド界隈がとても騒がしいですが

ベストな環境や組み合わせが生まれてない現状を変えれることができたらhappyですね

そんなスキルありませんが、トランスパイラーとして有名なbabelを作った人は、babel公開時は17歳だったというじゃないですか

王様達のヴァイキングの主人公も高校中退、いじめられっこのADHD?かつコミュ力が低い少年

だけどとても共感します。まっすぐで純粋で、紡ぐ言葉は、とても解釈が難しい文章だけどそうなってしまうのもわからなくもない

なんせ自分も脳内で先に会話が成立してて言葉にするのは、その端はしなんで

よく「会話の内容が飛ぶね」とか「何を言っているかわからない」とか「内容が飛び飛び」とか言われますからね笑

本の内容に戻りますが

日本では、今だに数少ない個人投資家エンジェルさんが登場します。

メルカリの社長さんもエンジェルさんですよねたしか。

主人公の少年をハッキング(サイバーテロ、正確にはクラッキングですね)のニュースをもとに自分が投資している会社のエンジニアに探させて居場所を突き止め、投資先としてスカウト(?)します。

PCが友達な主人公をエンジェルさんは、そのPCスキルを、クラッキング(犯罪行為)スキルをセキュリティに生かす方向に導いていきます。

コミュ力がなく、クラッキングしか知らなかった少年が色々な事件をエンジェルさんや過程で知り合った刑事と解決していく話になっています

(4巻時点では、起業という話がぶっ飛んでるww)

使う技術やツールは、実際にあるものであり、また手法に関しても現在でもつかわれたりする手法が登場してきます。

セキュリティ上一番安全なのはデータを持たないことです

とまぁー至極当然であることが国外では話されているそうな。

国外のエンジニアと比べて日本のエンジニアが劣るとか劣らないとかではないけど

まぁー全体で考えたら遅れているというのは間違えないことであると思う。

それでも企業単位、エンジニア単位では劣ってはいないとは思う。

さぁーーーて頑張りましょう!!!

と思うだけはタダなので思う。

みなさんよきエンジニアライフを!