Re:ゼロから始めるNo Error No Life

ぷろぐらみんぐ的なことと趣味的な日常を少々

NOTEというサービス

僻みでもなく妬みでもなく冷静に考えてみた

どんな形であれ、お金を稼ぐのが企業というのは、正しい。

個人事業主であろうと、コンテンツで副収入を得ようとするリーマンだろうと主婦だろうと

なんでもいいけど

お金を稼ぐというのは、誰かを騙したりくだらない何かを生み出して誰かに発信したり提供することではないと思う

いったいそれがエンドユーザにとってどれだけ価値のあるものであるかどうかを考えるべきだと思う

NOTEというサービスが生まれて

多くの人が文章を書いてお金に変えよう

これだけ価値のあるものを発信しているんだ

だからお金を払うのが普通でしょ?

と考えるのは、間違っているしエゴでしかない

果たしてそれは、提供される多くの人間にとって価値のあるものであるのだろうか?

答えはエンドユーザの価値観であり時代の流れであったりタイミングであったりする

提供側一方的に価値あるから買うべきだという発想がクソだ

価値あれば人間は、お金を払うだろう

価値のない必要性のないものに身銭を出す意味がない

必要なら何も言わずお金は払う

ほしいと思ったら

必要と感じたら

価値あると判断できたら

それ以外で金を払う気がないのは当然である

最初にお金を稼ぐということは、社会貢献でありまた最初に作るべきは騙す、お金を稼ぐだけの文章ではなく

顧客を創造する文章であったり活動なんじゃねぇの?

現時点で金につながらないけど

綺麗な写真を毎日一枚でもいいからあげたり

誰かhappyになるであろう言葉を紡いだり

1日1善じゃないけどさ

すぐ金に変えたがるけど理解ができない・・・・

instagramだってずっと赤字だったわけだし

必ず先に金を先行させる事業なんか長期的に成功するわけない

必要だと感じるのが一過性でしかないから

そもそもこのサービスが始まったのは

クリエイターの活動範囲をもっと広げれるようなサービスっての趣旨だったような

ライターも立派なクリエイターだけども

ステマや必要価値のない、古い情報や間違った、情報商材系に近いネタを書くような人で溢れているのでは?

と話題に上がったことがあると思いますが

そもそもライターってさ、レベル低くね?

編集者がいないからか?能力が低い人でもなれる環境になったからか?

わからないけど・・・・

おれは物書きではないけど、小説やラノベ、漫画、経済コラム、論文が好きだからよく読むけど

そのどれとも違う。

小学生か中学生の作文に近い文章を見かけることも増えた

偏見かもしれない

言い方変えれば独自の観点で書けてて素晴らしいって言われるかもしれない

いやそれを読んで誰が何を思うかってのがたいせつかと思う

まぁーこんなPVの少ないブログであーだこーだ書いても仕方ないと思うけど

それよりプログラミングスキルあげろよって感じですよ自分的に

どうしようもない独り言を書く前にやっつけなければいけない仕事が近々で二つ

一つは明後日

もう一つは週末

あーーーーやらかした。

すみません