Re:ゼロから始めるNo Error No Life

ぷろぐらみんぐ的なことと趣味的な日常を少々

突然ですがmacのターミナルで"nvm"コマンドが使えなくなった

=node/npmコマンドが使えないってやつね

typescriptの入門でもしながらJSの知見を深めようと考えて

npm install -g typescipt

をしようとしたら

そんなコマンドないわぼけえええええ

って怒られた

※正確には、ちゃいますが

んじゃいいやーnodeは生きているっしょの感覚

node -v

いねえええええ

ついこないだnvmでnodeのversionをv7.4.0にあげたばっかで

そのあと普通にNext.jsの入門してみたり ごにょごにょ遊んでいたのになー

ふと今日typesciptこんにちわの巻をやろうとしたらこれよ

おそらくの原因

brew経由でnvmをinstallしているんすけども

おきまりのコマンドの流れを一旦

brew list #この時点nvmさんは、いらっしゃっているの確認、一応以下もやった
brew list | grep nvm #nvmさんやっぱいた
brew update
nvm --version #いねーーーもちろん以下もいない
node -v #いない
npm -v #いない
which node #いない
which npm #もちろんいない
which nvm #おまえもいないのかああ

ひとまず原点回帰でエラー内容を再度確認

いやteminal開いたらひとまずbashでエラー吐いているし!

んじゃ該当箇所に該当fileはあるのか?

答え

いないわけで

brew update 

こやつが原因ぽかった っていうのもnodeのversionを上げる際にbrew経由でnvmを入れているので updateが勝手に走って頑張って最新のにしてくれたわけ その際にnvmが勝手にversion 0.33.0へbrewで上がったけども 実態がそもそもbrew経由でこやつ入ってない なのでnvmのversion 0.33.0を一生懸命PATH的には、見に行っているけど 実態もなけりゃよく見りゃフォルダすらなかった nvmのversionが上がった=こやつのメジャーアップデートと捉えていいのかな? ってことは、updateでなくupgradeを行ってビルドしてやらんことには意味をなさない。 なので 長いことbrewに関してお掃除も何もしてこなかったから ひとまず以下を実行

brew upgrade # パッケージの大幅更新の際はこっち
brew cleanup #いらなくなったversionなど消すひとまず消す

んでsehll再ログインしたらnvmコマンドが使えるようになった

※shellの再ログイン

exec $SHELL -l

もしくはterminalで新しいtabを開くといいっすな。

これでめでたしめでたしw

それではみんさん遅くなりましたが

あけおめです。 そしてストレスなきよきエンジニアライフを!